未分類

日本人の海外就職をスムーズにする方法

jpk02
現在、日本人の海外就職はどのような状況なのでしょうか。

実際需要が多いのはシンガポール、タイ、ベトナム、オーストラリア、アメリカ、マレーシア、インドネシア、台湾、このへんの国で就職したいと希望する日本人が多いです。

2015年はマレーシアが非常に人気になっていますが、これはマレーシアの経済発展の状況などをあわせると妥当な判断だと思います。

日本人が海外就職するときは様々な野望や希望や目的があって行動されています。
 

日本人の海外就職の目的を明確に!

jpk03
◯魅力的な仕事ができる
日本にいては出来ない仕事ができる。日本人以外のビジネスパーソンとの仕事が面白い。自分の裁量が広がる。

◯将来のキャリア形成に役立つ
グローバル化が進んだ時代です。日本人でも海外の経験がある人材が重宝されていますから多くの企業に求められる人材になれます。

◯給与・手当が充実
これは日系企業の駐在員就職に限った話です。高額な報酬と手当は魅力的です。

◯その国が好き、将来も移住したい
以前旅行などで行った特定の国が好きになってしまい、その国で働きながら生活することに魅力を感じている。

このような日本人は海外就職という道を選択される方が多いのです。

「目的を明確にする」という事は海外就職をスムーズにする熱意に現れます

デメリットとして挙げられるのは家族と一定期間離れてしまうことぐらいです。
恋人や家族が居なければ積極的に海外へ行かれる方のほうが多いでしょう。

 

海外で働く2つの道を把握しよう

日本人の海外就職というとどのようなイメージをされるでしょうか。

 

①国を決めてる場合

→日本国内でネットを使ってめあての国の求人情報を探してコンタクトを取って、書類を出してみる。

→3,4社ぐらい面接のアポを取り付けたら渡航、1週間の滞在期間中に面接をこなして双方の合意があれば採用

このような流れを想像されてるかもしれません。

 

②海外であれば国にこだわりはない場合

→日本国内でネットを使って海外に進出している日本企業や外資系を調査、海外勤務の求人を見つけたらコンタクトを取って書類を出してみる。

→面接が決まれば、国内で面接を行い、問題なければ採用、入社して一定の手続きが済めば海外へ異動。

あるいは海外支社に就職。

このような流れもあります。

①も②もそれぞれ最初に行うのは求人情報のリサーチです。

 

求人情報サイトで日本人の海外就職を円滑に!

海外思考の人材向け、使えるサイトを紹介していきます。
それぞれ無料で活用できますので登録しておくと求人情報などが得られるようになります。

■リクルートエージェント

リクルートが提供する海外思考の人材向けの特別なサービスがこちら。
日系グローバル企業、外資系など求人数は業界No1を誇る。
特別な支援として求人/企業情報の提供、書類/面接対策、条件交渉等も実施。
海外の駐在員求人に力を入れている。

http://r-agent.com/


■JAC Recruitment

アジア各国に支社を保有する日本人の海外就職むけのサービスがこちら。
シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、香港、イギリスへの就職におすすめ。
求人数はリクルートに次ぐ数を誇る。

http://jac-recruitment.jp/

 

国が決まってる方はこちらも

昨今はアジア就職が増えています。アジアの国々で使える人材サービスを列記しました。

■香港
→インテリジェンス香港
日本ではDODAを運営する会社の香港版。貿易・メーカ・金融・ITと様々な業界の求人あり。
日系・現地企業・外資系などから選べる。
https://www.inte.com.hk/

■タイ
→アデコタイランド
アデコは日本でも人材紹介を行っている大企業、それのタイ版。
営業・エンジニア・管理職。語学力不要の案件多数。
http://japanese.adecco.co.th/

■ベトナム
→アイコニック
ベトナム在住の日系企業との仲介をしてくれる人材サービス。
https://iconic-intl.com/

■インドネシア
→テンプスタッフインドネシア
テンプスタッフも日本で人気、それのインドネシア版。
メーカー・商社・金融・サービス・ITが中心。
https://www.tempstaff.co.jp/

■マレーシア
→SELPEO
日本人の海外就職を応援するSELPEOは、東南アジアで活躍。
特にマレーシアに注力。IT、旅行観光業のみ取扱。
http://www.selpeojapan.com/

 

サービスの使い方など

上記に挙げたサービスはすべて人材紹介サービスと呼ばれる種類のもので、登録が必須となります。

登録すれば各社ともに連絡をしてくるはずです。メールか電話を使って。

今悩んでること、不安に思ってること、希望する求人や企業のこと、現在のあなたの就労状況やキャリアなどをお話します。

ヒアリングのために1度面談を実施するサービスもあるでしょう。

親身になって相談に乗ってくれるところで話を進めたほうが良いです。いくつか登録しておくのも常套手段です。

あとは担当の方と二人三脚で就職活動を進めていけばよいです。

いずれも日本人の海外就職の支援を実施してきたサービスですので、情報は豊富、就職ノウハウも実績ありです。

 

海外が未経験のかたは

過去に1度も目当てのその国に行ったことが無い方で海外就職を希望される方もたまにいます。

けど、そのような方は1度短期間でもよいのでその国に滞在して現地の様子、生活環境、医療面、言語、商店、サービスなどを確認してみるべきです。

未経験で滞在してから色々な不具合にあって「イメージと違った」といって帰国してくる人もいるぐらいですから。

0

海外就職してわかった日本人のすごさと勤勉さ

私は20代前半でタイに渡り、現地採用として働きました。

日本は経済大国、一方のタイは発展途上国でした。

とはいっても、自動車や家電の生産が劇的に増え、目覚ましい経済発展を遂げる様を体感していました。

タイの日系工場で働いていたとき、トヨタ方式などをとりいれていました。日本のものづくりがいかにすばらしいか、ということがわかりました。

そして、日本人の働く姿勢についても、海外にきて初めて気づくことがありました。

日本人が夜遅くまで会社のために必死で働く姿を日本にいるときには当たり前だと思っていました。

しかし、タイに来てみると、就業時間が終わると、さっと帰途へ着くのが当たり前でした。

残業は残業手当があるからで、サービス残業なんてありえない、という雰囲気でした。

就業時間中でも携帯電話で友達と話したり、パソコンのゲームで遊んだり、という光景も珍しくありません。

確かに日本人に比べると賃金は低いですが、労働に対する意識も日本人に比べて格段に低い従業員が多かったです。

それでも、ヨーロッパなどでは夏はバカンスといわれる長期休暇をとるのが一般的であり、夜遅くまで働く日本人のほうがむしろ異常なのかもしれない、と思うこともありました。海外に来て、働き方の違いに気づかされました。

0

西オーストラリアのパースでショップ店員

留学中のアルバイトで帽子ショップにいました。

本当は働くつもりはなく英語の勉強に専念すべきだったかもしれませんが、今ではとても良い経験をしたと思っています。

新聞で求人広告を見つけ、その場で電話連絡をして面接までこぎつけました。

英語に自信があった訳ではありませんが、日常会話なら問題なくコミュニケーションも取れたので採用になりました。

週に3回で、開店から閉店までの時もあれば午後だけの時もありました。

いわゆるショップ店員ですので接客はもちろんですが、ちょっとした在庫管理やネット注文の処理なども仕事の一環でした。

ただ、オーストラリアで帽子と言う、あまり需要のないショップだったので忙しい思いをしたことはありまなく、

唯一、クリスマスシーズンだけが大繁盛だったように思います。

それでもお客様がいらっしゃった時は明るく挨拶し、タイミングを見計らって声をかけるよう心がけました。

明らかに購買意欲のないお客様でも、とりあえず世間話から入っていきました。

私が日本人だと言うことで珍しがって話し込んでくれる方もいらっしゃれば、明らかに無視され凹んだことも多くありました。

それでもこの経験は確実に私の英会話力を上達させました。

お国柄もあるかとは思いますが、オーストラリア人はかなりカジュアルだったので、私のフランクな英会話でも全く問題はありませんでした。

硬くならず完璧な英語を話そうとも思わず、まずは店員としてお客様の話を聞くよう心がけたら、何度か立ち寄ってくれる人もいました。

また近くのショップ店員とも仲良くなれて友達も増えたりと、私としては英語も上達し友達も増えて、さらにはお給料がもらえて一石三鳥の経験でした。

0

海外就職に憧れる日本人をサポートしてくれるサービスの使い方

外国での勤務を経験した人に聞いてみると、地元の土地柄や空間になじむことができなかったなどという様な場合なども少なからず有るようです。

転職したその後の職務に関した仕度や外国語を話す力においての心配が無いのに関わらず、他の環境面という物で苦い気持ちを体験したと言った様なケースも見受けるのです。

勤務地として異国の中心地を志すのであるならば、大都市は日本の転業エージェンシーや労働者派遣組織などといったものの根拠地が有る目処がとても高いのです。

こういった場合は、各自が希望するものに合う様な職業を日本国内で仲立ちしてもらえるというような可能性もあるのです。

よその国で転業した場合、日本団体にその土地に採用されると言う様な手本といったものも在るのです。

どちらにするにしても、英語や外国語を喋れなければならない事が大前提になりますし、しかも労賃が少なくなってしまうことも十分有りますので綿密な将来に渡る暮しの設計も大事なものとなる事でしょう。

日本と日本と離れた国を行き来すると言った暮らしでは、たくさんの書類の提出をする事や届け出と言ったものの労力がいるようとなってしまいます。

そのため前もって確かめておいて支度をするといったことで厄介事も少しは軽くなってくるのかもわかりませんから、転職の事前仕度をを綿密に行っておくのがいいでしょう。

転職する場所として他所の国の会社考えているというような場合に、まず取って掛かるべきことと言えば何なのかということをはっきりとさせておきましょう。

とは言ってもはっきりさせるためデータを集める事が必要になってきます。

ありとあらゆる手法で材料を集める事で、悔悟を残すと言う事のない転職の活動を行っていきましょう。

0

日本人むけ気持ちを切り替えて海外就職をめざす手段!

外国での勤務を経験した人に聞いてみたところ、その地域の気風や周囲に溶け込めなかったなどと言うような面もあるのが現実です。

転業した其のあとの仕事の事に関する備えや外国語を話す力においては面倒は無いのにも関わらず、其の他の気風といったものでつらい思いをしてしまうという案件も存在するのです。

他国で転身するとき、日本組織にその地域に雇われるという物といった物も存在します。

どちらにせよ、英語や其の土地の言葉を使い熟すということが基本になりますし、其の上給与が減少してしまう事が大いに有りますのできちんとした将来に渡る暮しの計画も大切なものとなってくるのです。

外国で仕事がしたいという人々の為の転職サイトなどと言ったものや情報が載っているWebサイトなどと言う物も多数在ります。

初心者?いくらかの経験がある人まで、色々な人にマッチしていると言ったつくりですので、勉強の為に覗いてみると為になるでしょう。

海外で職務につくときには、人文知識・国際業務ビザがないと働く事ができません。

国にによって、査証の申し込み方法や取得の仕方には違った点がありまして、交附される迄に非常に手間や日数がかかります。

日本と違う国に転職するにはそう言う様な壁が幾つも立ちはだかってるのです。

何をする時でも支度は要だといえます。

海外への転職ともなってくれば、思い描いた以上に手間や備えが必要な事でしょう。

転身の事が載っているホームページや代理人などからのデータの収集をして職を探す際の前仕度も集中的にすると言うことが必要なのです。

0

日本人ウケが良い支度金ゲット、海外就職ならお金は必要ですよね

海外転職・求人情報ウェブサイトやエージェンシーにより、キャリアチェンジした場合に現金が獲得できるといったサービスがあります。

転活手当としてかなり多くの額の現金を支給している法人・PCサイトが存在します。

給付金を収受するには要求される規定があります。

海外の異なる業種へと転職しようと思ったら、支度だけとってみても少なからず必要経費が掛かるでしょう。

ご祝儀が存在する人材会社ならば、連続性のある在籍が認定されれば御祝儀をもらうことができます。

初めから知っていれば確実に利得を得られるハッピーなプレゼントといえます。

再度の転職交付金の内容は、離職交付金を払われている際に決められた規則のもとで会社を決めたケースに受け取れるお金といえます。

今話したことも職業紹介所への書類の提出がもちろん必要で、キャリアチェンジする業種がただちに決定すればもらうことができる金額も通常より高くなり得ます。

海外でキャリアチェンジする場合には気持ち程度でも得したいのであれば、祝い金等からお仕事を探してみましょう。

ただし、給付金を受け取るには予定された時間の労務の提供だけでなく文書の開示等々の決まりがあるようですので、しっかり調べておこう。

各々の専門ウェブサイトの中には特有分野があるでしょう。

精通した国や職種の部分では他の企業に引けを取らない資料が記載されている他、公開リクルート情報が非常に大量だったり。

どういったデータを欲するのかによってwebページを探しだし、貴方にとっての効率的なデータを探していきましょう。

0

海外就職、日本人には難しい?35才からのグローバル就職

現代、働く女性がうまく海外勤務を達成させる為には多くの壁に立向かわなくてはなりません。

女性の転職は男性と比較すると今なお形勢不利に働く環境も多いと否定できない社会ムードにおいて、どういったやり口を利用して職探しに取り掛かって行ったらいいでしょう。

40歳前後の女性の方が早々に雇い先を決めようとするなら、残念ながら業種や職種内容を100%叶えるのは大変可能性があります。

いずれにせよ求人される案件数は減少していきますので、職務実績を活かす希望の就職先に出会うには難しいものがあります。

今の仕事をしている期間は職業安定所の講習や職業トレーニングを利用すると言う事は少々難しいものです。

しかしながら、例えば手軽な通信講座と言うような空いている日や時間でもうちで勉強出来るものであれば忙しい人でも直ちに開始が出来るでしょう。

再就職を成功させる為に融通が利く通信講座でたくさんの有利な資格を得ているアラフォー世代の女性達は爆発的に増えている傾向にあるようです。

はたらく女性が海外で転職先を見付けることは容易な事ではないのです。

例えば40代の既婚している女性である場合なら、同居の家族に大きく負担がかからないような仕事体系の会社や休暇日を貰い易いと言うような労務面の条件が合う働き口を求めるといった心遣い等も必要だと言えます。

自身の実務経験を発揮して仕事のステップアップをしようとするのであれば、ある程度の奮闘が不可欠となるかもしれません。

しかしながら実際には、秀でたスキルのある即戦力人材を必要としている企業も意外と多く在ります。

自分の理想的な就職を志して頑張りましょう。

0

30代の女性が海外就職する際日本人ならではの理想の仕事を探す為のポイント

大人の女性が仕事を探そうと感じるのは何がきっかけでしょう?たとえば、大事なプロジェクトを任命される状況にある立場であると、技能UPと経歴UPを実施したいというように想像することは当たり前な事ではないでしょうか。

自分をいまより伸ばしたい、とても思う前向きな人は多いです。

新卒時代経験する就職活動、それと海外転職との大きな違いの一つには職務経歴書や英文レジュメと呼ばれるものが挙げられます。

履歴書の中には伝えきれないような前職での積み重ね伝わるように書き込む書類ですから、30歳―39歳の女性がキャリアおよび手腕などをみせるため必須な書類です。

多くの就職エージェントではスカウトサービスと言うものを実装しています。

その内容は、使用する人自身が転職サイトへ自分の経歴を公開する事で、海外転職先の会社のほうから来る接触を待ち受ける構造なのです。

実名を登録せずに掲示も可能ですから、気軽に使用することができるでしょう。

30歳―39歳の女性が仕事場における人付き合いなどに悩んでいたりする時、過去に思いつく限りの方法を考え終わったのでしょう。

どうしてもだめな事態だからこそ再就職も思う事態になるわけなので、これから先も頑張る事よりは違う職場を見付けに行くの 良策と言っていいでしょう。

現場の人間関係のため、職場をやめる際、自分的には普通のものだった場合でも、募集を行う人は、適応力や我慢する力が足りないといったように思われる様なことに繋がってしまいます。

今回の海外転職の時に会社をやめた理由の回答が必要になった際は、とくに説明に注意が必要です。

0

海外に進出している日系企業に就職サービスを活用して就活に臨む

海外で就職先を見つけようと検討している場合には、まずはネットを使って転職ウェブページを見る方がけっこういるのではと思われます。

会社に勤めながらでは、人材紹介会社や人材紹介所に足を運ぶ時間を確保する事が厳しいでしょうから、ネットを使っての転職・求人情報チェックがお薦めでしょう。

海外就活サイトの中では、転職情報を0円で得ることができるでしょう。

できる限り早く就職することを希望する方、いつか考えてみようと思案中の方々等、どういう位置の方々であっても24時間どこでででも気兼ねなくアルバイト情報を得ることができるでしょう。

興味がある働き口が発見できたとしても転職活動サービスにあるコンテンツだけでは概要を捉え難いというところも、ホームページを利用するケースでの悪いところなのです。

件の仕事口のサイト以外に過去に載せられたニュース等を探してみる事も、海外転職の心得として大事です。

ジョブチェンジウェブページでジョブチェンジが決定したケースでの難点としては、転職活動する会社の雇用情報と事実上の雇用環境が異なっている、というシチュエーションが見られるような場合があります。

ネット中では理解しにくい求人に関する情報もありますから、よく分からないところはストレートに確かめるように注意しましょう。

採用の将来性は経済社会の情勢や時季によっても常に変化するので、現実に即してすぐに書き換えられる海外就職活動サイトは会社情報の収集に有効です。

いくつものWEBページで獲得できる求人に関する情報をうまく使用しつつ、将来の新天地を探す活動に使用していくとよいです。

0